Pink Tech シリコンバレー

<   2012年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧




<米国初!>Wifi付きの血糖値測定器が来週発売!


 糖尿病を抱える人に朗報です!アメリカでWifi付きの血糖測定器が来週発売されることになりました

 健康系ガジェットが大躍進しているということは、日経ビジネスの”米国で「ヘルスハッカー」が増殖中”、や”シリコンバレーの新しいトレンド。ハードウェアが戻ってきた!”でも説明してきました。

 でも、もう一度言います。今年は健康系ガジェットがかなり来ていますよ!2012年はざくざくと健康関連ガジェットを見る事ができそうです。
b0240015_1125620.png

写真:TELCAREのワイヤレス血糖値測定器

 今回の血糖測定器を開発したのは、メリーランド州にあるスタートアップ、TELCAREです。測定器は、従来のもののように、穿刺針を使って出血させて、その血液をテストストリップに付着させ、本体で数値を測定させます。その後がこのガジェットのすごいところです。Wifiを使って自動的に患者のオンラインデータベースに結果を送信してくれ、ダッシュボード上のグラフで見やすくしてくれます。またその情報は掛かりつけの医者や家族にもウェブサイト/iPhoneアプリで見てもらえるようになります。

 患者は今まで紙に記録していたものが、自動的に記録されるので格段に楽になります。また、結果について、家族や医者からコメントを受け取ることができるのです。血糖値が気がかりな家族が周りにいる人にはいいですね。例えば、「お父さん血糖値上がってるよ!食べ物気をつけて」とか医者から「ちょっと血糖値の動きが気になるので病院に来てください」とかいうことが出来るのです。

 価格は150ドル。(1万2千円)今までの血糖値測定器が50ドル以下(4000円)なので、高めですね。これに血液を付着させるテストストリップが50個で56ドル(4500円)、継続して購買する場合は50個で36ドル(2800円)になります。毎日1回計れば月に1600円くらいかな。保険で安くなる場合もあるそうです。

 確かに高いんですが、糖尿病で食事管理などをしている人や、既に測定器を使って自分で紙に記録している人にはすごくいいですよね。価格帯としては、親や、おばあちゃんへのギフトにもすごく良さそうです。最近は子供でも糖尿病が増えているので、こういうデバイスを持たせていれば、親も安心できます。

 良いですね!!私の期待しているのは、ダイエット関連(すでに販売しているWifi付きの体重計が欲しい)や、美顔器などにWifiがついているものです。これもそう遠くなさそうな将来に見る事ができそうです。 テクノロジーで健康が促進されたり、誰かの体調が良くなったりするのって、素晴らしいですよね。
次はどんなのが出てくるんだろうか。
楽しみになってきましたー!

 
 
[PR]



by katoyasuko | 2012-01-06 11:33 | テック

なぜあの人はソーシャルメディアを使いこなせるのかーフォード、ソーシャルメディア総責任者の場合

 私は「日経デジタルマーケティング」にも寄稿させてもらっていて、ソーシャルメディアの動向や、フェイスブックの企業活用なども常にチェックしています。2011年にソーシャルメディアの企業活用がグンと伸び、「ソーシャルメディア戦略家」というマーケッターさんも増えてきました。

 個人的に、2011年にアメリカで一番目立って活躍したソーシャルメディア戦略家といえば、フォード・モーターズのソーシャルメディア総責任者、スコット・モンティ氏だと思っています。話題のソーシャルメディアキャンペーンをどんどん打ち出しています。2011年には、有難いことにモンティ氏にインタビューをさせてもらう機会がありました。企業のソーシャルメディア活用について語ってもらった記事は日経ビジネスのこちらと、日経デジタルマーケティングのこちらに載せていただいています。
b0240015_7232445.jpg

Photo:Glenn Triest
 どちらもインタビューという形なので、ここではスコット・モンティ氏がなぜソーシャルメディア戦略家として成功しているかについて、私なりに考えてみたいと思います。

1、ソーシャルメディアをビジネス戦略の一部として捉えている

 モンティ氏は、ソーシャルメディアありきで戦略を立ててはいけないということを、インタビューでも繰り返し話しています。あくまでもビジネス戦略全体をサポートするものとしてソーシャルメディア戦略を立てるべきと考えていて、SNSが自分の専門でも、そのあたりを良く分かっているところが成功の秘訣ではないでしょうか。

2、ブログやツイッターで、自分でアウトプットしている

 モンティ氏のブログでは、彼の注目するソーシャルメディアニュースなどをブログに書いています。自分の洞察も取り入れて、かなり参考になるブログです。また、ツイッターでも常につぶやいているため、フォロワーも多いです。自分でアウトプットしてみると、かなり自分の思考も整理されますし、情報交換もできてメリットが多いです。企業のマーケッターさんは難しいかと思いますが、自分で既にツイッターやブログをされているかたは、その時点でかなりセンスがある人だと私は思っています。

3、上から目線でなく、ユーザーと同じ立ち位置

 フォードのキャンペーンは、ソーシャルメディアニュースのMashableやWSJ,NYTIMESなどでも記事として数多く取り上げられています。どの記事にも読者さんからのコメントが結構つくのですが、モンティ氏は読者のコメントに一部、返信コメントをするんです。「それはいいアイディアですね」とか「私たちはこういう努力をしています…」とか、かなりフレンドリーな印象です。
 マーケッターと言えば、今までマスに向かってキャンペーンを仕掛ける…というイメージなんですが、モンティ氏はそうした上から目線がなく、ユーザーと気軽に付き合っている感じがするんです。そういう気さくな付き合いかたができるのが、彼の強みじゃないでしょうか。

4、ソーシャルメディアが好き

 彼はソーシャルメディアの黎明期から、ソーシャルメディア専門の広告代理店で働いていました。そこから引き抜かれて、フォードに移籍しています。本人も「僕はソーシャルメディアをずっとやっていて、好きなんだよ~」とのこと。
 また、移り変わりの早いこの分野で、かなりリサーチや勉強もしているなという印象でした。「新しいツールも、フォードに必要だと思えば、会社に交渉して取り入れるように頑張っている」と話しており、好きだからこそ勉強熱心で楽しんでいる。そんな印象です。

 モンティ氏から分析した、ソーシャルメディア戦略家の秘訣は、こんなところでしょうか。2012年もモンティ氏が展開するソーシャルメディアマーケティングが楽しみです。
[PR]



by katoyasuko | 2012-01-05 07:24 | ソーシャルネットーワーキンング

私の英語習得法-ニューヨークタイムズを英語で読む(準備編)


 「ニューヨークタイムズを読んで情報収集できるようになりたい」

 これが、私の英語の勉強をはじめる時の憧れと目標でした。現在、英語でリサーチが満足にできるようになりましたし、英語で新聞も読めるようになりました。でも振り返ってみると、ニューヨークタイムズやWSJといった高級紙を読むのはやはりハードルが高いというのが結論です。

 英語で新聞を読むのはなぜハードルが高いのか。これは読書のときのように、日本語であらすじ読んでハードルを下げるといった事ができないからです。
 
 できれば新聞を読んだだけで、きちんと速報なども理解したいところです。そうでないと新聞の意味があまり無くなってしまいますしね。なーんにも事前情報がないところで、NYTIMESやWSJのような記事から、きちんと文脈と要旨を掴むのは結構大変です。

 そこでNYTIMESを読むまでの準備として3つをお勧めしたいと思います。

1、高級紙ではなくて、一般紙から始めてみる。
 日本で言うスポーツ紙としてNYPOSTWashington Postといったものがあります。これはスポーツ紙ですので文章がかなり読みやすいです。内容は物足りないかもしれませんが、英語が読める達成感があります。

 その次の難易度のものとして一般紙のUSA Todayがあります。これも高級紙に比べれば簡単なので、こちらで練習してから移行していくのがいいと思います。また、テック系であればAll ThingsDというブログ形式のニュースもお勧めです、内容は高級紙と同じで、より簡単に短くニュースを伝えています。英語のニュースに触れれば触れるほど、読めるようになってくるので、最初はニュースを読む量を増やすといいと思います。


2、時事問題に強くなるようにする

 ハードルを下げることが難しいと言いましたが、時事問題に強くなることでハードルを下げることができます。普段から日本語でニュースを読むことで、英語でも「あ、このこと言っているのかな~」みたいなことがよくあります。ですので、やっぱり日経、朝日、読売でも何でも良いので読んでおくのがいいと思います。時事問題に強くなることで、英語のニュースもかなり楽に分かるようになります。

3、翻訳記事で海外報道を見ておく

 英語ニュースの翻訳記事を読んでおくのもお勧めです。ビジネス情報を扱うJBPRESSでは、Financial TimesやEconomistの翻訳記事を無料で提供してくれています。こういうのを読んでおくことで、海外でどんなニュースを、どういう感じで報道しているかがよくわかります。日経ビジネスでもEconomistの翻訳記事を出しているので、どちらもチェックしてみてください。

  Tech系であれば、テッククランチの日本語版があります。記事はアメリカの1日後に出ますので、かなり新しいニュースが日本語で読めます。翻訳しているのは英語の5分の1くらいですが、それでもかなり有難いですよね。

 事前準備としてはこんな感じでしょうか。私はアメリカに6年以上いますが、いまだに日本語で日経や朝日などを読むほうがよほど楽です。でも英語のニュースが読めれば世界は確実に広がりますし、日本以外のメディアでどういったことが議論されているかが分かるようになったときは爽快でした。道のりは長いですが、みんなで英語でニュースが読めるように頑張りましょう!


[PR]



by katoyasuko | 2012-01-03 14:47 | 英語

あけまあしておめでとうございます


明けましておめでとうございます。
健康に、また一年を迎えることができました。

 2011年も、色々仕事をさせて頂いたし、プライベートでもシリコンバレーに引っ越して変化の大きかった年でした。でも何といっても心に残っているのは震災のことです。多くの人がそうだと思うのですが、震災後は、気持ちが沈んだりあらゆることが心配になっていました。

 仕事のことを振り返っても、やはり震災後の記事が心に残っています。独断で評価すると、自分の仕事で今年一番印象に残っているのはこれ。

アメリカ人が考え抜く「被災者のためにできること」-草の根から巻き起こる日本復興ムーブメン


 この記事は、サンフランシスコで行われたベイクセールを取材した記事です。ベイクセールとは、自分が焼いたクッキーやカップケーキを寄付して、売り上げたお金を寄付するというイベント。アメリカでは寄付金を集めるのにとてもポピュラーな方法です。震災のすぐ後、こういった寄付金を募るイベントが各地で行われていました。アメリカの人も、色々得意な分野があるけれど、こうした人助けの精神と行動するまでのスピード感には脱帽しました。プロのフォトグラファーさんが写真を撮っているのですが、この写真にも皆の温かさがにじみ出ていて、凄く気に入っている記事です。

 
 もう一つ記憶に記憶に残っているのは
アメリカ人よ、なぜ鶴を折るー全米に広がる「Orizuruを日本へ」
 元日経ビジネスの記者、かえこちゃんと一緒に作りました。記事のテーマをかえこちゃんが考え、二人で色々電話で話し合いながら作りました。ウェブの記事はかえこちゃんが担当し、雑誌本誌にはちょっと雰囲気を変えて私が書きました。ウェブのほうでも日経ビジネスで2011年の人気記事ランキングで46位になり、多くの人に読んでいただけて嬉しかったです。アメリカでの善意が日本に伝わってくれれば嬉しい。また日本の人たちが、世界からのサポートに気づいて元気になってくれればもっと嬉しいと思っていました。

 あの後、私なりに何ができるんだろうと色々悩んでいたのですが、原稿を書くことが私にできることだと考えてから、執筆時間が自分自身にとってかなり助けになりました。
 
 2011年は激動の年だったので、正直を言うと終わってくれてほっとしています。まあ一年というのはただの区切りでしかないですが、2012年はもっと素晴らしいことが目立つような年であると良いなと思います。

 自分個人としては、周りの人に恵まれていたなと思います。私の記事をいつも良いものにしようとしてくれる編集者さんや、企画を褒めて励ましてくれる先輩、仲良くしてくれたお友達、優しく話を聞いてくれる年上のフリーランスのお友達、何も言わなくてもいい仕事をしてくれるフォトグラファーさん、やることを何でもサポートしてくれる彼などです。フリーランスといっても、一人で仕事をしているのではなくて、その逆ですね。

 2012年はすごくいい年になる、そんな気がしています。
 

[PR]



by katoyasuko | 2012-01-02 09:15 | 掲載

あけまあしておめでとうございます


明けましておめでとうございます。
健康に、また一年を迎えることができました。

 2011年も、色々仕事をさせて頂いたし、プライベートでもシリコンバレーに引っ越して変化の大きかった年でした。でも何といっても心に残っているのは震災のことです。多くの人がそうだと思うのですが、震災後は、気持ちが沈んだりあらゆることが心配になっていました。

 仕事のことを振り返っても、やはり震災後の記事が心に残っています。独断で評価すると、自分の仕事で今年一番印象に残っているのはこれ。

アメリカ人が考え抜く「被災者のためにできること」-草の根から巻き起こる日本復興ムーブメン


 この記事は、サンフランシスコで行われたベイクセールを取材した記事です。ベイクセールとは、自分が焼いたクッキーやカップケーキを寄付して、売り上げたお金を寄付するというイベント。アメリカでは寄付金を集めるのにとてもポピュラーな方法です。震災のすぐ後、こういった寄付金を募るイベントが各地で行われていました。アメリカの人も、色々得意な分野があるけれど、こうした人助けの精神と行動するまでのスピード感には脱帽しました。プロのフォトグラファーさんが写真を撮っているのですが、この写真にも皆の温かさがにじみ出ていて、凄く気に入っている記事です。

 
 もう一つ記憶に記憶に残っているのは
アメリカ人よ、なぜ鶴を折るー全米に広がる「Orizuruを日本へ」
 元日経ビジネスの記者、かえこちゃんと一緒に作りました。記事のテーマをかえこちゃんが考え、二人で色々電話で話し合いながら作りました。ウェブの記事はかえこちゃんが担当し、雑誌本誌にはちょっと雰囲気を変えて私が書きました。ウェブのほうでも日経ビジネスで2011年の人気記事ランキングで46位になり、多くの人に読んでいただけて嬉しかったです。アメリカでの善意が日本に伝わってくれれば嬉しい。また日本の人たちが、世界からのサポートに気づいて元気になってくれればもっと嬉しいと思っていました。

 あの後、私なりに何ができるんだろうと色々悩んでいたのですが、原稿を書くことが私にできることだと考えてから、執筆時間が自分自身にとってかなり助けになりました。
 
 2011年は激動の年だったので、正直を言うと終わってくれてほっとしています。まあ一年というのはただの区切りでしかないですが、2012年はもっと素晴らしいことが目立つような年であると良いなと思います。

 自分個人としては、周りの人に恵まれていたなと思います。私の記事をいつも良いものにしようとしてくれる編集者さんや、企画を褒めて励ましてくれる先輩、仲良くしてくれたお友達、優しく話を聞いてくれる年上のフリーランスのお友達、何も言わなくてもいい仕事をしてくれるフォトグラファーさん、やることを何でもサポートしてくれる彼などです。フリーランスといっても、一人で仕事をしているのではなくて、その逆ですね。

 2012年はすごくいい年になる、そんな気がしています。
 

[PR]



by katoyasuko | 2012-01-02 09:15 | 掲載

ジャーナリスト加藤靖子のブログです。ニューヨークで日経ビジネス勤務を経て、フリーに。シリコンバレーから、テック情報を書いています。メールはmail@yasukokato.com 。Photo:Takahiko Marumoto
by katoyasuko
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
テック
働き方
マーケティング
シリコンバレー
アプリ
動画
メディア
英語
スマートフォン
ソーシャルネットーワーキンング
掲載
ガジェット
タブレット端末
Eコマース
生き方
未分類

Profile

加藤靖子。1982年9月11日東京生まれ、九州育ちの29歳。
中央大学在学中から、マガジンハウスの編集部アルバイトに明け暮れる。卒業後米Pace大学に留学。在学中にジャーナリストのアシスタントをしながら、フリーで原稿を書き始める。
卒業後、2007年末から日経BP社ニューヨーク支局勤務。ビジネス・経済誌「日経ビジネス」編集部で、大統領選挙、金融危機、自動車産業の低迷などをレポートし、刺激的な日々を送る。
2011年からサンフランシスコ郊外、シリコンバレーに引越し。フリーになり、「日経ビジネス」「日経デジタルマーケティング」などに記事を寄稿。
最近はすっかりテック系ニュースに目覚め、シリコンバレーでテック系イベントに出席したり、インタビューを行ったりしている。
最近のインタビューは、シェリル・サンドバーグ(Facebook COO)、ナビーン・セバデュライ(Foursquare共同創業者)、ガ・ワン(Smule共同創業者)など。

好きなことは料理、体を動かすこと、友達としゃべること、ファーマーズマーケットに行くこと。
仕事とプライベートをあまり区別せず、楽しく仕事をしています。

Yasuko Kato's About Me page

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧