Pink Tech シリコンバレー

カテゴリ:テック( 23 )




サムスンがアップルファンに喧嘩売ってるCM



サムスンギャラクシーS2の新しいCMです。新しいiPhoneの発売日に、何時間も掛けて行列を作るヒッピー達。そこにぴかぴかのギャラクシーS2を持っている人が現れて、アップルファンたちが、「すげー携帯だな」と感動する…みたいなCMです。アップル信者は極度にヒッピーというところを突いていて、若い男性が「僕はクリエイティブ系だからサムスンの製品は無理」と言うと、友人が「お前ただのバリスタだろ」と突っ込むジョークもあり…。

でもこのCMどうなんでしょう?自分がヒッピーでアップルを持つことにステイタスを感じている人がこのCMを見ても、なんとも思わないのでは?逆にやっぱりサムスンはダサイなぐらいじゃないでしょうか。
[PR]



by katoyasuko | 2011-12-03 10:27 | テック

海外で成功するには、シンプルに徹するべき

b0240015_81407.jpg

(サンフランシスコの丘の上。この地域はオラクルCEOラリー・エリソンなどのビリオネアの家が集まる地域です。)

最近は、日本人もシリコンバレーにやってきて、
インターネットサービス分野で世界を相手にしたいという人が増えています。
本当に素晴らしいことだし、同じ日本人として是非頑張って欲しいです。
しかし今のところ、こちらで成功しているという人は非常に少ないということは忘れてはいけません。
ポテンシャルがあると言われる日本人ですが、なぜ成功事例があまりないのか?
それは日本人だからこそ陥っている失敗があるからです。

9月だったでしょうか、サンフランシスコでウェブコンサルを行っているBtraxのCEOブランドン・ヒルさんにお話を伺いました。
ブランドンさんは日米のハーフで、アメリカの視点も日本の視点も持っており、
いつもすごくいい洞察を教えて頂いています。
ブランドンさんの話のなかで、成功に近づく一つの要因として、
「日本人が海外で成功するためには、ぎりぎりまでシンプルにすること」が挙げられました。

ガラパコス携帯が良い例です。
ガラパコスとはウィキペディアによると「孤立した環境(市場)で「最適化」が著しく進行すると、エリア外との互換性を失い孤立して取り残される」とあります。
日本市場だけ見ている時はいいのですが、
世界参入ということになると、困難に陥ることは多々あるのです。

最近自分の経験でも、日本市場とこちらの市場の差を感じたことがあります。
最近ジューサーが欲しいと思い、Amazonでひたすらどれを買おうか比較をしていました。
それを母親に話すと、テレビショッピングですごくいい商品があったというのです。
聞いてみると、ジューサー機能のほかに、ノズルを交換するだけで搾る、おろす、挽く、練る、混ぜるの1台5役ができるというんですね。
ジューサーを使って、うどんを作ったり、チーズを擦りおろしたりといろんな事ができると。

そんなモノがあるのかと思い、アメリカのAmazonに戻ってみて見ると、
トップに出てくるジューサーで、そんな多機能のものは無いんですよ。
日本の楽天ならどうかと思い見てみると、やはり出てくる出てくる。
色んな多機能ジューサーがありました。

私個人的には、多機能ジューサーはすごく良いと思います。
しかし文化の違いや、色々なものを使いこなせる日本人だから欲しいものであって、
一歩海外に持って行くと、あまり魅力のある商品ではないということになってしまうんです。

例えばこちらでは、ジューサーで最も栄養価を損なわずにジュースを作れる商品とか、
シンプルにジュースしか作れないけど、かなり低価格とか、もっとシンプルなニーズがあります。

インターネットサービスでも同じ事で、あれもこれも出来ますよというのではなく、
一言でサービスを語れるくらいシンプルであること。
またそれに合わせたシンプルな機能とシンプルで美しいデザインが好まれます。

これだけ世界の情報が溢れていても、
日本人であるが故に気づかないことは色々あります。
日本人が犯しがちがちな失敗を知っておくだけでも、海外で成功する確立はかなり上がるはずなので、
是非、経験者やアドバイスしてくれる日本人の声を聞いてみてください。
[PR]



by katoyasuko | 2011-11-26 08:10 | テック

AP通信の記者、ツイッターを優先して怒られる。

BBCの、"Associated Press reporters told off for Twitting"という記事です。

b0240015_5111970.jpg

今ニューヨークで起きているウォール街占領デモに関して、
自社で速報を流す前に、ツイッターに流してしまい、数名の記者が上司に怒られたとのこと。

もちろんアメリカのメディアはツイッターをかなり多用しているんですが、
メディアは自分のサイトに来てもらわないといけないので、この件から使い方はまだ及び腰と言えるでしょう。

APの場合、”速報になるような情報、写真、動画がある場合は、ソーシャルメディアに流す前に、Wire(ネット)に先にアップすること”というルールがあります。
その他のメディアもソーシャルメディアの利用に関して、
厳格なルールを作っているようです。

しかし情報を受ける側として考えてみると、
やはり速報は早くないと意味がない。記者が急いで記事を書いて、
デスクを通して、さらにネットにアップして…というのを待っているよりも、
その手の速報はたとえ断片的であってもすぐに欲しいはずです。

速報が必要な場合、特に東日本大震災のような、非常事態が起こったとき、
アメリカの視聴者は今どのメディアに行くのでしょうか?

ここアメリカでは、ケーブル加入者が非常に多く、逆に言えば地上波だとろくな番組が見れません。
2009年の時点でケーブルテレビの加入割合が49%を越えています。
しかし今、「コードカット」という言葉が生まれており、つまりケーブルテレビの解約者が、ネットに流れているというトレンドがあります。
既存のケーブルテレビ加入者はBBC やCNN など速報に強いメディアがあるので、
それを流して情報を得るとして、非ケーブル加入者の情報源はネットになるはずです。
もうひとつ、アメリカは車社会でNPRといったラジオを流しっぱなしにしている人が多いので、
そこからの情報源もあると思います。

ネット利用者に関しては、大災害や大事故が起こったとき、
日本と同様にネット利用者はかなりツイッターに流れるでしょう。
そんなとき、大手のメディアが自社のネットにアップするのを待ってから、ツイッターに流しても、
前述のように、あまり意味がないはずです。

というよりも、ユーザーには腐ったニュースとして、見てももらえなくなってしまう可能性があります。
ニュースを流せるのは、大手メディアだけでなくなったのですから。
記者を叱っている場合ではないのでは?と思うのです。
[PR]



by katoyasuko | 2011-11-19 05:17 | テック

ジャーナリスト加藤靖子のブログです。ニューヨークで日経ビジネス勤務を経て、フリーに。シリコンバレーから、テック情報を書いています。メールはmail@yasukokato.com 。Photo:Takahiko Marumoto
by katoyasuko
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
テック
働き方
マーケティング
シリコンバレー
アプリ
動画
メディア
英語
スマートフォン
ソーシャルネットーワーキンング
掲載
ガジェット
タブレット端末
Eコマース
生き方
未分類

Profile

加藤靖子。1982年9月11日東京生まれ、九州育ちの29歳。
中央大学在学中から、マガジンハウスの編集部アルバイトに明け暮れる。卒業後米Pace大学に留学。在学中にジャーナリストのアシスタントをしながら、フリーで原稿を書き始める。
卒業後、2007年末から日経BP社ニューヨーク支局勤務。ビジネス・経済誌「日経ビジネス」編集部で、大統領選挙、金融危機、自動車産業の低迷などをレポートし、刺激的な日々を送る。
2011年からサンフランシスコ郊外、シリコンバレーに引越し。フリーになり、「日経ビジネス」「日経デジタルマーケティング」などに記事を寄稿。
最近はすっかりテック系ニュースに目覚め、シリコンバレーでテック系イベントに出席したり、インタビューを行ったりしている。
最近のインタビューは、シェリル・サンドバーグ(Facebook COO)、ナビーン・セバデュライ(Foursquare共同創業者)、ガ・ワン(Smule共同創業者)など。

好きなことは料理、体を動かすこと、友達としゃべること、ファーマーズマーケットに行くこと。
仕事とプライベートをあまり区別せず、楽しく仕事をしています。

Yasuko Kato's About Me page

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧