Pink Tech シリコンバレー

カテゴリ:テック( 23 )




カナダのRIMは変われるか?CEO交代でも株価下落

b0240015_9174146.png


 スマートフォン、Black Berryで有名なカナダのRIM(リサーチ・イン・モーション)が22日、経営トップの交代を発表しました。

 RIMはここ1年で株価が75%ダウンという、脅威の斜陽の道をたどっています。一時はスマートフォンで市場を席巻していましたが、iPhoneなどの台頭でシェアが大きく減少し、歯止めが掛からなくなっていました。

 以前から問題だと指摘されていたのが、共同CEOが共同会長も務めるという権威体制です。改革を起こしたいRIMにとって、この体制が大きな障壁になると言われていました。そこで今回共同CEOと共同会長を務めていたマイク・ラザリディス氏とジム・バルシリー氏がいずれの職も退くというのは、株主にとっても大きな驚きとなりました。二人の後はRIMの最高執行責任者であったトーステン・ハインズ氏がCEOの役職につきます。
 
 普通であれば、ポジティブな動きと受け止められて株価が上がるのですが、それでも今日のRIMの株価は前週末比で8.5%安と、市場はこの動きを「がっかり」と受け止めています。なぜでしょうか?

■前CEOが引き続き影響力

 二人が現職を退くというところまでは良かったのですが、前共同CEOラザリディス氏は副会長として取締役会にとどまり、新CEOに戦略的な助言を行うそうです。前共同CEOバルシリー氏もまた取締役にとどまるそうです。大物のこの二人がやはりなんらかの形で会社にとどまることで、結局背後で新CEOに影響力を持ち続けるだろうとの声が大きいのでのです。
 
 さらに新CEOは、前CEOの経営戦略を踏襲していくと話しています。そのためほとんどのアナリストもやはり大きな改革が見込めないと見ていて、市場はがっかりの株価下落ということになったようです。

 もうひとつ新CEOの経歴も不安要因になっています。新CEOは元シーメンス出身で、シーメンスと言えば法人顧客相手のビジネス。今RIMに求められているのは、一般消費者向けのビジネスの経験です。また、新CEOはハードウェアエンジニア。今多くの改革がソフトウェア部門で起こっているため、ソフトウェアエンジニアではなかったということも、また落胆要因になったようです。 

 私はiPhoneユーザーなのですが、やはりAndroidやiPhoneだけでなく、市場に魅力的な商品と競争があったほうがいいのですが…。あまり時間がなさそうに見えるRIMですが、また色々改革が起こるか、見ていきたいと思います。


[PR]



by katoyasuko | 2012-01-24 09:27 | テック

ファイル共有サイトMegaupload(メガアップロード)が閉鎖

 
 21日、著作権法違反で、ファイル共有サイトの「Megaupload」(メガアップロード)がFBIによって閉鎖されました。メガアップロードとは、映画やテレビ、音楽といったファイルを共有できるサービス。一般の人が、本来ならば有料のはずの映画や音楽を無料でダウンロードできるとあって、大人気のサイトだったのです。といっても、映画やテレビのコピーは著作権侵害なので、かなりグレーなサイトという認識で使って多くの人が利用していました。

 登録ユーザーは1億5000万人、ビジター数1日5000万人、インターネットトラフィック全体の4%がメガトラフィックのものだったそうです。

 インターネットトラフィックの4%って、すごい数字ですよね。ウェブの訪問者数は、全体で13位にまでなっていました。そんな人気サイトなので私の周りにも使っている人は多く、昨日はメガトラフィックが閉鎖されてがっかりしている人の声を結構聞きました。

 一番喜んでいるのは、ハリウッド関係者達です。著作権保有者には5億ドル(約400億円)の被害があったと言われていて、今回の閉鎖はハリウッドにとって大勝利。といっても、似た共有サイトは他にもあるので、いつまでもいたちごっこになりそうですが…。

 一つ気になったのが創業者の名前です。キム・ドットコム。これ、一応本名なんですよ。ドイツ人の彼は、キム・シュミッツという名前をドットコムバブルの時に改名。過去10年のうちに、シュミッツ→ドットコムにしたそうです。

 それにしてもドットコムって、姓にできるんですね。ヤスコ・ドットコムとか、オサム・ドットコムとか、芸人のようです。
 
 キム・ドットコムさんは、今ニュージーランド当局に身柄を拘束されております。


[PR]



by katoyasuko | 2012-01-22 07:34 | テック

Twitterが情報キュレーションに向けて一歩前進

b0240015_13453227.png


 Twitterが19日、カナダのソーシャルキュレーションサービス「Summify」を買収したと、Summifyが自社サイトで明らかにしています。ソーシャルメディア時代の情報過多に対する解は、やはりキュレーションに向かっていくようです。

 まずこのSummifyのサービスですが、Twitter、Facebook、Googleリーダーといった情報の中から、キュレーションして重要な記事を選び出してくれるアプリです。記事選択にはFacebookのイイネの数、シェア、コメント数といったものから、Twitterでフォロワーが多い人などといった要素が組み込まれています。

 Twitterを使っている人は特に分かりやすいと思うのですが、最初自分がフォローする人が少ない時は情報を取り込むことにまだ負荷はありません。しかし、100人〜200人それを超えて1000人以上フォローなんてことになってくると、情報収集どころか、一つ一つ見てくのはほぼ不可能になってきます。ソーシャルメディアが普及して、人の数が増えればやはり雑音も増えるもので、一体何が自分にとって重要で、何が必要ないのか判断が難しいものです。洪水のように流れてくる情報のなかから、どうやって自分にぴったりの記事を探すのか。ITジャーナリストの佐々木俊尚さんが言う「キュレーションの時代」ですね。

 そういう時、こうしたキュレーションサービスでは、より注目が集まった記事や人気のツイートをピックアップしてくれます。現在アメリカでは、News.meやFlipboardなど、重要記事をフィルタリングしてくれるキュレーションアプリが大変人気になっています。

 大手のSNSであるTwitterがキュレーションサービスのSummifyを買収したことで、情報の導線を作っていく新たな一歩となりそうです。Twitterがキュレーションをどのように導入していくかにも、今後注目したいと思います!

 
[PR]



by katoyasuko | 2012-01-21 13:47 | テック

セレブシェフ、レイチェル・レイが書籍+デジタルに挑戦

b0240015_3563568.png



 書籍に関しての、気になる動きです。セレブシェフ、レイチェル・レイがアメリカ最大の出版社ランダムハウスを去り、CBS傘下のSimon & Schuster Incの出版社の一つ、Atria Booksに移籍するとウォールストリートジャーナルが伝えています。
 
 この新しい出版社でレイチェル・レイが何をしようとしているかと言うと、料理本にQRコード(白黒の正方形の図形)を付け、タブレット端末で動画を見られるようにするそうです。料理本+デジタルにすることで、より面白い本を作ろうという試みです。

 レイチェル・レイは、アメリカで一番有名なセレブシェフと言っていいのではないかと思います。元々は大手スーパーのバイヤーだったのですが、フードネットワークという大手ケーブルテレビの料理番組で「30分で料理をつくる」というコンセプトで番組を持ちます。店舗で働いていた時、料理を作るのがめんどくさいと言う人達を多く見た経験が生かされているそうです。そこでもレイチェル・レイの番組は大人気で、今は主婦向けの全国テレビでトークショー番組をやっています。彼女は月刊のライフスタイル雑誌「Every Day with Rachael Ray」も持っており、こちらも大人気です。 日本で言うと、やっていることは栗原はるみさんなんかが近いでしょうか。

レイチェル・レイは料理の才能と、喋りの才能を同時に併せ持っていて、とにかく場を明るくしてくれます。40代の大人の女性ですが、本当にかわいいんです。男性、主婦、若い女性もみんなレイチェルが好き。(私も好き) 敵を作らない感じの人です。テレビを見ていると、野菜なんかを結構雑に切ったりしているんですが、すごく愛嬌があるのでまぁ良いかと思って見ています。レシピのほうも簡単でおいしいと評判ですよ。

 今まで3冊の料理本を出しているのですが、2008年に出版したものが21万部、2009年のものが10万部、2010年のものが15万部ずつ売れています。レイチェル・レイは、いまだ料理分野で一番のブランド価値があるシェフと言われいます。それでも料理本の一般的なトレンドとしては、デジタルとプリントを合わせた総数は減少傾向にあります。デジタルは伸びているものの、それでも全体としては下がっているようです。そこで、消費者に新しい経験を提供するということで、今回の書籍と動画で新しい取り組みをするそうです。

 私のような上手に喋れない書き手だと、動画セットは意味がないと思いますが、レイチェル・レイはとにかく見ていて楽しい人なので、動画の挿入は本当にいいアイディアだと思います。彼女の魅力は、本よりも動画のほうが、発揮できそうですし。次の本では10個ほどQRコードを埋め込み、料理の動画を見てもらえるようにするそうです。今のところBarns & Noble のNookとAppleのiPadで見れるようになると発表されています。

 今までDVDがついてくる本というのはありましたが、スマホやタブレットが普及しているので、QRコードのほうがより気軽に見れていいかもしれませんね。デジタルで書籍も活性化するでしょうか!?楽しみです。


[PR]



by katoyasuko | 2012-01-18 04:00 | テック

Amazonのインテリア商品販売に期待大!!

b0240015_814534.jpg


 先週のことですが、Amazonがインテリア商品販売のウェブサイトを準備中と、TechCrunchで報じられています。(リンク: Amazon、世界制覇に向けた次の一手は室内装飾関連か(Casa.comドメインを取得))

 このまま行けば、赤ちゃん商品を扱うDiapers.comや、家庭用品販売のSoap.comと同じように、アマゾン傘下のインテリア用品販売ウェブサイトとしてスタートすることになりそうです。 個人的には、アマゾンが進めるインテリア商品販売ウェブサイトに期待大!!

 アメリカで室内装飾としてまっさきに思い浮かぶのは庶民的なIKEAです。しかしご存知の通り、IKEAはオンラインでの販売や配送にそれほど力を入れていません。ちょっとしたものを買いたいという時には、店舗に出向くのが基本です。安いのは嬉しいけど、ちょっとめんどくさい…。

 最近オンラインのインテリア用品販売で急進しているのが、フラッシュマーケティングの手法を採用しているOne Kings laneです。Fab.comと同じく、72時間だけインテリア用品をセールし、次々に色んなデザイナー商品を出してきます。こちらのウェブサイトは現在大人気で、1億ドル以上の売り上げを達成したと言われています。私もすごくはまっており、毎日チェックしているのですが、何せデザイナーものが多いので高い!しっかり配送料金が掛かるので、本当にたまにしか買うことができません。

 室内装飾関連に関しては、もう少しウェブに手頃な商品があったら良いなと思っていたので、Amazonが参入してくれれば、選択の幅が広がるはず。特にAmazonお得意の、お得な配送プランにも期待したいところです。

早くオープンしないかなぁ。
 

[PR]



by katoyasuko | 2012-01-17 08:18 | テック

タブレットとウルトラブックのいいとこ取り、Lenovo”Yoga"



b0240015_865241.jpg

 CESで気になった製品を紹介したいと思います。タブレット端末とウルトラブックのいいとこ取りのLenovo"Yoga(ヨガ)”です。

 私の周りでもよくタブレットを買うか、新たにノートブックを買うか…という議論をするのですがこれはタブレット端末としてもウルトラブックとしても使えるという便利な商品です。ちなみにウルトラブックとは、軽くて薄い本体と高速処理能力を持ち、さらに値段も手軽であるといういわゆるMacbook Airのウィンドウズ版です。

 で、このYogaがどう動くかというと、モニターの蝶番部分が360度曲げられるようになっています。モニターをキーボードの裏のところまでぺったんと折り曲げて、タブレットのように使うことができるのです。タブレットとして使っているときは、キーボードが動かなくなり、画面をタッチして操作します。また、モニターの部分がフレキシブルなので、上の写真のような角度にして机の上で動画を見たりできます。モニターの形状がヨガのポーズに似ているということから”Yoga"という名前になっているそうです。

 私が欲しいかと言われると、うーん、要らないかなぁとは思うのですが、こういう新しいガジェットは使ってみて始めて便利さや不便さを発見したりするので、使用した人のレポートを聞いてみたいです。

 今、編集者さんでパソコンが壊れて一時的に家でiPadだけ使っているかたがいるんですが、「iPadは受信機であって、これじゃぁ仕事はできません~」とおしゃっていました。そう、本当にそうで、これが私がタブレットを購入していない理由です。一日中モニターの前にいることも多いので、私にとってはモニターは小さくても15インチ欲しいのです。家では21インチのデスクトップを使っていますが、モニターを2台並べて使いたいくらいです。あまり小さいと肩が凝ってしまうのです。このYogaは13インチなので、私にはちょっと小さめ。なのでタブレットとノートブックは一緒になっていなくてもいいと今のところは思っています。

 しかし人によってはかなり便利でしょうし、多機能が好きな日本のマーケットでは結構人気が出るんじゃないでしょうか?このYogaですが、今年の後半、1200ドル(約10万円)ほどで販売予定だそうです。

<追記>
イケダさんが重さが気になる…とつぶやいていたので追記です。重さは1.4kg。Macbook Airの13インチが1.35kgなので、重さは合格ですね。バッテリーは8時間まで持ちます。13インチでオーケーな人は、軽いしいいかもですね。



[PR]



by katoyasuko | 2012-01-13 08:13 | テック

家系のルーツを調べるサイトAncestry.comがパワーアップ!


b0240015_15474224.png

 家系のルーツを調べるサイト、Anecstry.comってご存知ですか?2006年からスタートしているネットサービスで、自分の先祖を辿り、家系図を作るサービスです。このサイト、アメリカではかなりの人気サービスで、なかでも年配のかたの興味をくすぐるらしく、結構テレビでCMも流れているのですよ。国勢調査、移民入国記録、結婚証明書などから追跡し、家系のルーツを辿ってくれるのです。月会費を払えば、誰でも利用できます。

 調査の方法は、まず自分の名前、出生地、性別を入力します。同じように、親、そして祖父、祖母まで情報を入れます。その後Ancestryが抱えるデータベースの中から、当人のものではないかと引っかかってきたものを見ていくのです。例えば移民入国記録が引っかかれば、それを確認し、あ〜これはきっとおじいちゃんのものに間違いない…みたいな風に確認していきます。自分で情報を入れれば入れるほど、より家系のルーツをディープに探せます。

 人気に火を付けているのが、有名人の家系調査。大統領夫人のミッシェル・オバマは、奴隷の少女と白人男性の間に生まれた混血児ということがこの調査でわかっています。最近では、また大統領選で共和党候補に上がっているミット・ロムニーが、ジョージ・W・ブッシュといった大統領と家系的に繋がりがあることが分かり、ニュースで報じられています。ここまでドラマチックなことはなくても、自分の祖先がどういう人だったかは誰でも気になりますよね。

 さて、何がパワーアップしたのかというと、iOS、Androidなどスマートフォンやタブレット端末にも対応するようになったそうです。もちろんパソコン、スマホ、タブレット、どこで検索してもきちんとシンクロするようになっています。また、既存のデータベースに加えて、ホロコースト記念博物館など新たに様々なデータが追加されました。そのため、さらに家系図を追跡しやすくなります。私は日本人で調査しても何も出てきませんので、このサイトは使ったことがありません。でもタブレット端末で家系図を見ると、パソコンで見るよりもかなり体感が良く、美しいそうです。いいですねー。

 月会費は、アクセスできるデータ、契約の長さによって月13ドルから35ドル。1000円から3000円くらいになります。

 こうやって、カジュアルに家系のルーツを探せるというのは素晴らしいですね。家系図や出てきた資料、写真などをまとめて、アルバムとしてプリントすることもできるのです。いいなぁ。私も、家系図の掛け軸や絵巻なんかを作ってもらいたいです。



[PR]



by katoyasuko | 2012-01-12 15:52 | テック

 家電見本市、CESで最も話題になったキーワードとは!

 
 世界最大の家電見本市CESがラスベガスで開催されています。残念ながら私はお留守番。他の原稿に当たっており、話題の家電に十分目を通せていません。色んなニュースが出ているなか、全体的にどんなキーワードが使われていたのか、どういったトレンドがあったのかが気になります。ソーシャルメディアアナリティックスを提供するSimply Measured がすでインフォグラフィックを作ってくれており、Mashableで紹介されていました。そちらを使ってCESのおさらいしてみたいと思います。

■話題になったブランド
 マイクロソフト、サムスン、LGが最も話題になったブランド。そのあとにソニー、ノキア、パナソニックと続いています。
b0240015_1637981.jpg


■話題になったトレンド
  一位は有機エレクトロ・ルミネッセンス(OLED)でした。サムスンが55型の有機エレクトロ・ルミネッセンス(OLED)テレビを投入したのが話題になっています。これは電圧をかけると発光する性質を持つ素材をディスプレイに使ったテレビのこと。OLEDは従来よりもテレビを薄くし、画像がクリアに、さらに消費電力が少なくなるそうです。次に来たのが「ウルトラブック」薄くて軽い本体と高速処理能力を持ち、しかも価格も手頃なノートブックを指します。つまりウィンドウズ版のMacbook Airみたいなものです。その次にタブレット、オーディオ、HDTV、ゲーミング、ラップトップが続いています。

b0240015_16374011.jpg


■最もツイートされたドメイン
 テック情報を扱うCnetが一位で、ソーシャルメディア情報を扱うmashableが2位。そのあとフェイスブック、ツイッター、YouTubeと続いています。この5位までのサイトが、家電見本市のニュースを見る為の最もポピュラーな場所だったようです。
b0240015_16382243.jpg


2012年最もつぶやかれたブランドは…

 一位はやっぱりマイクロソフト。CESの風物詩になっていたマイクロソフトによるキーノートが今年最後とアナウンスされていたので、様々なところでレポートされたようです。その次はサムススン、LG、ソニー、ノキアなどが続いています。マイクロソフトは出展も今年限りとのことなので、来年話題になるブランドランキングもかなり様相が変わってきそうですね。
b0240015_16384451.jpg



 というわけで、全体的にはこんな感じでした。面白いプロダクトがどんなモノだったのか、明日からじっくりおさらいしていみたいと思います。
[PR]



by katoyasuko | 2012-01-11 16:44 | テック

<米国初!>Wifi付きの血糖値測定器が来週発売!


 糖尿病を抱える人に朗報です!アメリカでWifi付きの血糖測定器が来週発売されることになりました

 健康系ガジェットが大躍進しているということは、日経ビジネスの”米国で「ヘルスハッカー」が増殖中”、や”シリコンバレーの新しいトレンド。ハードウェアが戻ってきた!”でも説明してきました。

 でも、もう一度言います。今年は健康系ガジェットがかなり来ていますよ!2012年はざくざくと健康関連ガジェットを見る事ができそうです。
b0240015_1125620.png

写真:TELCAREのワイヤレス血糖値測定器

 今回の血糖測定器を開発したのは、メリーランド州にあるスタートアップ、TELCAREです。測定器は、従来のもののように、穿刺針を使って出血させて、その血液をテストストリップに付着させ、本体で数値を測定させます。その後がこのガジェットのすごいところです。Wifiを使って自動的に患者のオンラインデータベースに結果を送信してくれ、ダッシュボード上のグラフで見やすくしてくれます。またその情報は掛かりつけの医者や家族にもウェブサイト/iPhoneアプリで見てもらえるようになります。

 患者は今まで紙に記録していたものが、自動的に記録されるので格段に楽になります。また、結果について、家族や医者からコメントを受け取ることができるのです。血糖値が気がかりな家族が周りにいる人にはいいですね。例えば、「お父さん血糖値上がってるよ!食べ物気をつけて」とか医者から「ちょっと血糖値の動きが気になるので病院に来てください」とかいうことが出来るのです。

 価格は150ドル。(1万2千円)今までの血糖値測定器が50ドル以下(4000円)なので、高めですね。これに血液を付着させるテストストリップが50個で56ドル(4500円)、継続して購買する場合は50個で36ドル(2800円)になります。毎日1回計れば月に1600円くらいかな。保険で安くなる場合もあるそうです。

 確かに高いんですが、糖尿病で食事管理などをしている人や、既に測定器を使って自分で紙に記録している人にはすごくいいですよね。価格帯としては、親や、おばあちゃんへのギフトにもすごく良さそうです。最近は子供でも糖尿病が増えているので、こういうデバイスを持たせていれば、親も安心できます。

 良いですね!!私の期待しているのは、ダイエット関連(すでに販売しているWifi付きの体重計が欲しい)や、美顔器などにWifiがついているものです。これもそう遠くなさそうな将来に見る事ができそうです。 テクノロジーで健康が促進されたり、誰かの体調が良くなったりするのって、素晴らしいですよね。
次はどんなのが出てくるんだろうか。
楽しみになってきましたー!

 
 
[PR]



by katoyasuko | 2012-01-06 11:33 | テック

アマゾンってもう古い!?デザイナーもののオンラインショップが人気

オンラインショッピングと言えば、アマゾン、ベストバイ、ウォルマートやターゲットなど、大手の小売りが価格一辺倒で消費者を牽引していたのですが、ここへきて、オンラインショッピングにもかなり「色」が出てきました。
 
 上手く育っているのが、デザイナーものを売るサイト。それも期間限定のセールで販売する「フラッシュマーケティング」の手法を使ったものです。

b0240015_94623.png

 今勢いづいているのがニューヨークのFab.com。デザイナーものの商品をフラッシュマーケティングで72時間限定で販売しています。この企業、もともとゲイコミュニティーのためのSNSを作ろうとして会社を立ち上げていました。そこでゲイの人たち向けにスパやジムの会員権、デザイナープロダクトなんかをフラッシュマーケティングで売りはじめていました。そうするとSNSよりも販売のほうに人気が出て、SNS を辞めてフラッシュマーケティングに方向転換したというわけです。ゲイのSNSというのも、15万人が頭打ちで、思ったよりも会員数が伸びなかったそうです。そういうわけで6月にフラッシュセールのお店に刷新。私はお友達から教えてもらったのですが、すごくおしゃれなプロダクトが多くてセンスがいい。モダンなデザインのプロダクトが多いです。デザイナーもののバックやジュエリーとか、アートの割引券、おしゃれな家電なんかもあります。

 価格は商品によって幅広いんですが、例えばこのビンテージペーパーの上に動物をプリントしたアートは一枚8ドルのところを5.6ドル。Spratters & Jayneウールのマフラーは、163ドルが53ドルになってます。
b0240015_962157.jpg
 collageOrama(Fab.comより)
b0240015_98124.jpg
Spratters & Jayne
(Fab.comより)

 もうひとつ、凄くはまっているのが「ワン・キングスレーン」です。ここはインテリア商品をフラッシュセールで売るオンラインショップ。センスのいいインテリア用品がどんどん出てきてこちらも72時間以内でセール終了になります。キャンドルが$37のところ$19というような安いものから、$3000のソファーが$1500といったものものまで並んでいます。高級なデザイナー家具が中心なのですが、手の届く小物なんかもそろえているので、何かセールになっていないかと思わず覗いてみたくなるサイトなのです。

b0240015_994233.png

 今までデザイナーものの洋服をフラッシュセールで売るギルト・グループが人気でしたが、その手法が家具やデザイナープロダクトまでどんどん波及してきています。Fab.comやワンキングスレーンで買い物をしている時、かなり高揚感を覚えるのですが、このう高揚感ってウィンドウショッピングをしているときの気分と凄く似ているんですよね。「何かいいものが見つかるかな」っていう掘り出しものを見つける感覚で、毎日サイトをチェックしてしまうんです。

アマゾンなんかであれば、「どこよりも安くあって欲しい」と思って購入を決めるんですが、こういったサイトは欲しいものであればある程度の金額を払おうと思ってしまうのも不思議です。今までであればこういうデザイナー商品は、ニューヨークなんかでウィンドウショッピングするものだったんですが、オンラインでできるようになったなんて本当に便利になったもんです。
[PR]



by katoyasuko | 2011-12-15 09:12 | テック

ジャーナリスト加藤靖子のブログです。ニューヨークで日経ビジネス勤務を経て、フリーに。シリコンバレーから、テック情報を書いています。メールはmail@yasukokato.com 。Photo:Takahiko Marumoto
by katoyasuko
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
テック
働き方
マーケティング
シリコンバレー
アプリ
動画
メディア
英語
スマートフォン
ソーシャルネットーワーキンング
掲載
ガジェット
タブレット端末
Eコマース
生き方
未分類

Profile

加藤靖子。1982年9月11日東京生まれ、九州育ちの29歳。
中央大学在学中から、マガジンハウスの編集部アルバイトに明け暮れる。卒業後米Pace大学に留学。在学中にジャーナリストのアシスタントをしながら、フリーで原稿を書き始める。
卒業後、2007年末から日経BP社ニューヨーク支局勤務。ビジネス・経済誌「日経ビジネス」編集部で、大統領選挙、金融危機、自動車産業の低迷などをレポートし、刺激的な日々を送る。
2011年からサンフランシスコ郊外、シリコンバレーに引越し。フリーになり、「日経ビジネス」「日経デジタルマーケティング」などに記事を寄稿。
最近はすっかりテック系ニュースに目覚め、シリコンバレーでテック系イベントに出席したり、インタビューを行ったりしている。
最近のインタビューは、シェリル・サンドバーグ(Facebook COO)、ナビーン・セバデュライ(Foursquare共同創業者)、ガ・ワン(Smule共同創業者)など。

好きなことは料理、体を動かすこと、友達としゃべること、ファーマーズマーケットに行くこと。
仕事とプライベートをあまり区別せず、楽しく仕事をしています。

Yasuko Kato's About Me page

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧