Pink Tech シリコンバレー

アマゾン傘下のQuidsi、インテリア用品販売のウェブサイトをスタート

b0240015_14584289.png
 

 本日15日水曜日からアマゾン傘下のQuidsiが、インテリア用品を扱う「Casa.com」をスタートしました!個人的には、結構期待していたのです。
 中身はというと、合計で3万5千点の商品を扱っていて、ベッドリネン、食器、ストレージなど、家やアパートに必要なものを幅広く扱っています。大型の家具はありませんが、販売しているものはニトリで扱っているようなものと言えば分かりやすいでしょうか。
 ハイエンドの商品ではなく、一般受けしそうな手頃かつ、なかなかのデザインのものが中心です。商品数が多いのも良いですし、ポイントはやはり配送料。50ドル(約4000円)以上のオーダーすれば無料配送してくれます。それも2日以内に配送開始してくれるタイプのものです。消費者にとって、無料配送にすることがオンラインショッピングのドライブになると言われているので、これは大きなポイントですね。

 もうちょっとお洒落な商品も多く扱って欲しいな…と思いつつ、恐らく私もこのサイトで色々買い物にすることになると思います。商品の幅が広く、数が多いこと、そして無料配送は魅力的です。
 
 アメリカのオンラインショッピングの変遷を見ていると、今三世代目、第三のフェーズにいるように見えます。第一のフェーズはアマゾンの何でも揃える通販サイトが開拓された時代。第二に靴のオンラインショップ「ザッポス」が、返品や交換など顧客サービスを徹底して、消費者がより心地よくオンラインで買い物ができるようになりました。そうこうしているうちにオンラインショッピングが市場に浸透してきて、第三のフェーズの現在は今まで「売れない」「向いていない」とされたインテリアや洋服といった商品が多く販売されるようになっています。オンラインでの買い物が、実用性一辺倒から、娯楽の要素も取り入れられるようになってきているようです。

 日本は「お取り寄せ」という独特のカテゴリーがあるため、ちょっと変遷の仕方が違うかなと思いますが、アメリカではこういう風に見えます。
 
 Casaは50ドル以上送料無料、そして返品もできるというところで、非常に好条件を揃えています。こうしたインテリアショップができることで、他にも色々と面白いサイトが出来てくるといいです。


[PR]



by katoyasuko | 2012-02-16 15:01 | Eコマース

ジャーナリスト加藤靖子のブログです。ニューヨークで日経ビジネス勤務を経て、フリーに。シリコンバレーから、テック情報を書いています。メールはmail@yasukokato.com 。Photo:Takahiko Marumoto
by katoyasuko
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
テック
働き方
マーケティング
シリコンバレー
アプリ
動画
メディア
英語
スマートフォン
ソーシャルネットーワーキンング
掲載
ガジェット
タブレット端末
Eコマース
生き方
未分類

Profile

加藤靖子。1982年9月11日東京生まれ、九州育ちの29歳。
中央大学在学中から、マガジンハウスの編集部アルバイトに明け暮れる。卒業後米Pace大学に留学。在学中にジャーナリストのアシスタントをしながら、フリーで原稿を書き始める。
卒業後、2007年末から日経BP社ニューヨーク支局勤務。ビジネス・経済誌「日経ビジネス」編集部で、大統領選挙、金融危機、自動車産業の低迷などをレポートし、刺激的な日々を送る。
2011年からサンフランシスコ郊外、シリコンバレーに引越し。フリーになり、「日経ビジネス」「日経デジタルマーケティング」などに記事を寄稿。
最近はすっかりテック系ニュースに目覚め、シリコンバレーでテック系イベントに出席したり、インタビューを行ったりしている。
最近のインタビューは、シェリル・サンドバーグ(Facebook COO)、ナビーン・セバデュライ(Foursquare共同創業者)、ガ・ワン(Smule共同創業者)など。

好きなことは料理、体を動かすこと、友達としゃべること、ファーマーズマーケットに行くこと。
仕事とプライベートをあまり区別せず、楽しく仕事をしています。

Yasuko Kato's About Me page

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧