Pink Tech シリコンバレー

米スターバックス、バレンタイン版のアプリキャンペーンをスタート!

b0240015_1542124.png
 米スターバックスは、6日からバレンタインのAR(拡張現実)アプリキャンペーンを開始しました。期間限定の紙カップにスマートフォンをかざせば、画面でCGが動き出す「Cup Magic(カップ・マジック)」キャンペーンです。AR(拡張現実)とは、カメラに映し出される画像に電子情報を重ねる技術のこと。スターバックスは去年の11月からクリスマス用の期間限定カップで同じキャンペーンを展開しており、なかなか話題になっていました。今回はそのバレンタインバージョンになります。

 最近スタバのカップはバレンタイン仕様の赤いハート柄に変更されています。画像を見るには、まずiPhoneもしくはアンドロイドでStarbucks Cup Magicというアプリを無料でダウンロードします。そのアプリを起動し、カップの画像をスキャンすれば、ハート柄がスマホ上で蝶のように舞い始める…というものです。蝶に指を近づけると、蝶が寄ってくるという賢い機能もありです。画像は、FacebookやTwitterでシェアすることができます。

 Cup Magicのアプリはこの他に、メッセージを送る事ができる機能と、Eギフトカードがこのアプリ経由でプレゼントできる機能が装備されています。ギフトカードは、バレンタインらしいハート柄などが選べるのもいいですね。

 私はまだ試していないので、明日早速使ってみたいと思います。スターバックスは、Facebookの運営からスマホの決済まで、テクノロジーの利用と運用が上手いですね。このキャンペーンも非常にエンターテイニングですし、バレンタイン用のカップの為にコーヒーを買いたくなってしまします。SNS機能もしっかりついているので、画像がシェアされれば口コミも広がる…という、上手いキャンペーンです。

バレンタイン版Cup magicのデモはこちら

 
[PR]



by katoyasuko | 2012-02-07 15:43 | マーケティング

ジャーナリスト加藤靖子のブログです。ニューヨークで日経ビジネス勤務を経て、フリーに。シリコンバレーから、テック情報を書いています。メールはmail@yasukokato.com 。Photo:Takahiko Marumoto
by katoyasuko
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
テック
働き方
マーケティング
シリコンバレー
アプリ
動画
メディア
英語
スマートフォン
ソーシャルネットーワーキンング
掲載
ガジェット
タブレット端末
Eコマース
生き方
未分類

Profile

加藤靖子。1982年9月11日東京生まれ、九州育ちの29歳。
中央大学在学中から、マガジンハウスの編集部アルバイトに明け暮れる。卒業後米Pace大学に留学。在学中にジャーナリストのアシスタントをしながら、フリーで原稿を書き始める。
卒業後、2007年末から日経BP社ニューヨーク支局勤務。ビジネス・経済誌「日経ビジネス」編集部で、大統領選挙、金融危機、自動車産業の低迷などをレポートし、刺激的な日々を送る。
2011年からサンフランシスコ郊外、シリコンバレーに引越し。フリーになり、「日経ビジネス」「日経デジタルマーケティング」などに記事を寄稿。
最近はすっかりテック系ニュースに目覚め、シリコンバレーでテック系イベントに出席したり、インタビューを行ったりしている。
最近のインタビューは、シェリル・サンドバーグ(Facebook COO)、ナビーン・セバデュライ(Foursquare共同創業者)、ガ・ワン(Smule共同創業者)など。

好きなことは料理、体を動かすこと、友達としゃべること、ファーマーズマーケットに行くこと。
仕事とプライベートをあまり区別せず、楽しく仕事をしています。

Yasuko Kato's About Me page

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧