Pink Tech シリコンバレー

Twitterが情報キュレーションに向けて一歩前進

b0240015_13453227.png


 Twitterが19日、カナダのソーシャルキュレーションサービス「Summify」を買収したと、Summifyが自社サイトで明らかにしています。ソーシャルメディア時代の情報過多に対する解は、やはりキュレーションに向かっていくようです。

 まずこのSummifyのサービスですが、Twitter、Facebook、Googleリーダーといった情報の中から、キュレーションして重要な記事を選び出してくれるアプリです。記事選択にはFacebookのイイネの数、シェア、コメント数といったものから、Twitterでフォロワーが多い人などといった要素が組み込まれています。

 Twitterを使っている人は特に分かりやすいと思うのですが、最初自分がフォローする人が少ない時は情報を取り込むことにまだ負荷はありません。しかし、100人〜200人それを超えて1000人以上フォローなんてことになってくると、情報収集どころか、一つ一つ見てくのはほぼ不可能になってきます。ソーシャルメディアが普及して、人の数が増えればやはり雑音も増えるもので、一体何が自分にとって重要で、何が必要ないのか判断が難しいものです。洪水のように流れてくる情報のなかから、どうやって自分にぴったりの記事を探すのか。ITジャーナリストの佐々木俊尚さんが言う「キュレーションの時代」ですね。

 そういう時、こうしたキュレーションサービスでは、より注目が集まった記事や人気のツイートをピックアップしてくれます。現在アメリカでは、News.meやFlipboardなど、重要記事をフィルタリングしてくれるキュレーションアプリが大変人気になっています。

 大手のSNSであるTwitterがキュレーションサービスのSummifyを買収したことで、情報の導線を作っていく新たな一歩となりそうです。Twitterがキュレーションをどのように導入していくかにも、今後注目したいと思います!

 
[PR]



by katoyasuko | 2012-01-21 13:47 | テック

ジャーナリスト加藤靖子のブログです。ニューヨークで日経ビジネス勤務を経て、フリーに。シリコンバレーから、テック情報を書いています。メールはmail@yasukokato.com 。Photo:Takahiko Marumoto
by katoyasuko
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
テック
働き方
マーケティング
シリコンバレー
アプリ
動画
メディア
英語
スマートフォン
ソーシャルネットーワーキンング
掲載
ガジェット
タブレット端末
Eコマース
生き方
未分類

Profile

加藤靖子。1982年9月11日東京生まれ、九州育ちの29歳。
中央大学在学中から、マガジンハウスの編集部アルバイトに明け暮れる。卒業後米Pace大学に留学。在学中にジャーナリストのアシスタントをしながら、フリーで原稿を書き始める。
卒業後、2007年末から日経BP社ニューヨーク支局勤務。ビジネス・経済誌「日経ビジネス」編集部で、大統領選挙、金融危機、自動車産業の低迷などをレポートし、刺激的な日々を送る。
2011年からサンフランシスコ郊外、シリコンバレーに引越し。フリーになり、「日経ビジネス」「日経デジタルマーケティング」などに記事を寄稿。
最近はすっかりテック系ニュースに目覚め、シリコンバレーでテック系イベントに出席したり、インタビューを行ったりしている。
最近のインタビューは、シェリル・サンドバーグ(Facebook COO)、ナビーン・セバデュライ(Foursquare共同創業者)、ガ・ワン(Smule共同創業者)など。

好きなことは料理、体を動かすこと、友達としゃべること、ファーマーズマーケットに行くこと。
仕事とプライベートをあまり区別せず、楽しく仕事をしています。

Yasuko Kato's About Me page

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧