Pink Tech シリコンバレー

なぜあの人はソーシャルメディアを使いこなせるのかーフォード、ソーシャルメディア総責任者の場合

 私は「日経デジタルマーケティング」にも寄稿させてもらっていて、ソーシャルメディアの動向や、フェイスブックの企業活用なども常にチェックしています。2011年にソーシャルメディアの企業活用がグンと伸び、「ソーシャルメディア戦略家」というマーケッターさんも増えてきました。

 個人的に、2011年にアメリカで一番目立って活躍したソーシャルメディア戦略家といえば、フォード・モーターズのソーシャルメディア総責任者、スコット・モンティ氏だと思っています。話題のソーシャルメディアキャンペーンをどんどん打ち出しています。2011年には、有難いことにモンティ氏にインタビューをさせてもらう機会がありました。企業のソーシャルメディア活用について語ってもらった記事は日経ビジネスのこちらと、日経デジタルマーケティングのこちらに載せていただいています。
b0240015_7232445.jpg

Photo:Glenn Triest
 どちらもインタビューという形なので、ここではスコット・モンティ氏がなぜソーシャルメディア戦略家として成功しているかについて、私なりに考えてみたいと思います。

1、ソーシャルメディアをビジネス戦略の一部として捉えている

 モンティ氏は、ソーシャルメディアありきで戦略を立ててはいけないということを、インタビューでも繰り返し話しています。あくまでもビジネス戦略全体をサポートするものとしてソーシャルメディア戦略を立てるべきと考えていて、SNSが自分の専門でも、そのあたりを良く分かっているところが成功の秘訣ではないでしょうか。

2、ブログやツイッターで、自分でアウトプットしている

 モンティ氏のブログでは、彼の注目するソーシャルメディアニュースなどをブログに書いています。自分の洞察も取り入れて、かなり参考になるブログです。また、ツイッターでも常につぶやいているため、フォロワーも多いです。自分でアウトプットしてみると、かなり自分の思考も整理されますし、情報交換もできてメリットが多いです。企業のマーケッターさんは難しいかと思いますが、自分で既にツイッターやブログをされているかたは、その時点でかなりセンスがある人だと私は思っています。

3、上から目線でなく、ユーザーと同じ立ち位置

 フォードのキャンペーンは、ソーシャルメディアニュースのMashableやWSJ,NYTIMESなどでも記事として数多く取り上げられています。どの記事にも読者さんからのコメントが結構つくのですが、モンティ氏は読者のコメントに一部、返信コメントをするんです。「それはいいアイディアですね」とか「私たちはこういう努力をしています…」とか、かなりフレンドリーな印象です。
 マーケッターと言えば、今までマスに向かってキャンペーンを仕掛ける…というイメージなんですが、モンティ氏はそうした上から目線がなく、ユーザーと気軽に付き合っている感じがするんです。そういう気さくな付き合いかたができるのが、彼の強みじゃないでしょうか。

4、ソーシャルメディアが好き

 彼はソーシャルメディアの黎明期から、ソーシャルメディア専門の広告代理店で働いていました。そこから引き抜かれて、フォードに移籍しています。本人も「僕はソーシャルメディアをずっとやっていて、好きなんだよ~」とのこと。
 また、移り変わりの早いこの分野で、かなりリサーチや勉強もしているなという印象でした。「新しいツールも、フォードに必要だと思えば、会社に交渉して取り入れるように頑張っている」と話しており、好きだからこそ勉強熱心で楽しんでいる。そんな印象です。

 モンティ氏から分析した、ソーシャルメディア戦略家の秘訣は、こんなところでしょうか。2012年もモンティ氏が展開するソーシャルメディアマーケティングが楽しみです。
[PR]



by katoyasuko | 2012-01-05 07:24 | ソーシャルネットーワーキンング

ジャーナリスト加藤靖子のブログです。ニューヨークで日経ビジネス勤務を経て、フリーに。シリコンバレーから、テック情報を書いています。メールはmail@yasukokato.com 。Photo:Takahiko Marumoto
by katoyasuko
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
テック
働き方
マーケティング
シリコンバレー
アプリ
動画
メディア
英語
スマートフォン
ソーシャルネットーワーキンング
掲載
ガジェット
タブレット端末
Eコマース
生き方
未分類

Profile

加藤靖子。1982年9月11日東京生まれ、九州育ちの29歳。
中央大学在学中から、マガジンハウスの編集部アルバイトに明け暮れる。卒業後米Pace大学に留学。在学中にジャーナリストのアシスタントをしながら、フリーで原稿を書き始める。
卒業後、2007年末から日経BP社ニューヨーク支局勤務。ビジネス・経済誌「日経ビジネス」編集部で、大統領選挙、金融危機、自動車産業の低迷などをレポートし、刺激的な日々を送る。
2011年からサンフランシスコ郊外、シリコンバレーに引越し。フリーになり、「日経ビジネス」「日経デジタルマーケティング」などに記事を寄稿。
最近はすっかりテック系ニュースに目覚め、シリコンバレーでテック系イベントに出席したり、インタビューを行ったりしている。
最近のインタビューは、シェリル・サンドバーグ(Facebook COO)、ナビーン・セバデュライ(Foursquare共同創業者)、ガ・ワン(Smule共同創業者)など。

好きなことは料理、体を動かすこと、友達としゃべること、ファーマーズマーケットに行くこと。
仕事とプライベートをあまり区別せず、楽しく仕事をしています。

Yasuko Kato's About Me page

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧