Pink Tech シリコンバレー

ジャーナリストが学ぶべき、ソーシャルメディアの使い方。

b0240015_3371490.png


以前、日経ビジネスの私のコラムに
「記者160万人革命」~フェイスブックで報道が変わる という記事を書きました。

この記事では、フェイスブックとジャーナリズム(報道機関)を軸にしています。
報道機関がフェイスブックを使ってトラフィックを増すことが重要になっていますので、
報道機関は、ファンをつくり、動画や写真の使いながらフェイスブックを活用していかなければ生き残ることができなくなるという内容です。

この記事は4月にパロアルトにあるFacebook本社で行われたミートアップ(というより講義)に基づいて書きました。
記事では軽くしか触れませんでしたが、私はそこで別のことに衝撃を受けたのです。

それはソーシャルメディアが普及した後のジャーナリストはどう振舞うべきかというテーマです。

フェイスブックが言うにはは個人ページをきちんとつくり、自分の記事の紹介はもちろん、
記事のこぼれ話や、自分の気になった記事をそこで紹介するべきだというのです。
もちろん自分の読者が話しかけてきたり、質問を投げかけたりすることもあります。
それに全部とは言わないまでも、読者とのコミュニケーションを忘れるなというアドバイスもありました。

実際にアメリカでは、ニューヨークタイムスの名物記者ニコラス・クリストフや元ニューズウィークの国際版編集長ファリード・ザカリアなど、有名記者は自分のフェイスブックページやツイッターを持ち、
会社の記者という位置づけではなく、個人のジャーナリストとして発信しています。
フェイスブックが紹介している事例が気になる人は、こちらを見てみてください。

私はこれを聞いたとき、かなり衝撃を受けました。
後戻りできないシフトチェンジが起こったと思ったからです。

今まで、記者・ライターは雑誌に名前を載せているだけで許されました。
特に社員記者は、色々と自分のプロフィールを見せなくても、
「●●新聞社の加藤靖子」「●●出版社の加藤靖子」という、
確立されたブランドで働く個人という位置づけでよかったのです。

しかし、ソーシャルメディアが普及してくると、会社のブランド傘下にある自分というのは成り立たなくなっています。
個人として何を考えているのか。どんな活動をしているのかがより重要になってきます。

フェイスブックとしてはユーザーの滞在時間が長くなりますので、
フェイスブックのプロモーションとうがった見方もできます。
しかしこれはフェイスブックだけに限らず、ツイッターでも、Google+でも、
ソーシャルメディアがある限り、この普遍的な事実は変わらないでしょう。

以前知り合いと話しているときに、
「今の若い人は、人が何をやっているかとか、何を考えているか知りたい、
そして自分がやっていることも見てもらいたい欲求がある」

ということを言われたことがあります。
たしかそういう記事も見た記憶があります。

でも、私はそれちょっと理解が違うのではないかと思うのです。
今まで芸能人のゴシップをテレビを見ていたのも、
リアリティーショーで芸能人、一般人の生活をのぞいていたのも同じで、
人の生活、考えていることを知りたいという欲求は昔からあったと思うんです。

そこにソーシャルメディアが現れて、
芸能人や有名人レベルでなくても、個人のことをもっと知ることができるようになった。
そうなると芸能人は昔、「雲の上のひと」というポジションだったのが、
自分たちと同じレベルまで降りてくることになりました。

そこで何が起きたかというと、消費者が下から芸能人、企業、メディアを眺めることがなくなって、
もっと対等な「共感すること」に価値を見出すようになったと思うんです。

記者の話に戻ると、今まで一方的に記事を書いていればよかったのですが、
そうではなくなっている。
もっと読者に寄り添った姿勢が求められるようになったんですね。

もちろん、これは記者にとって簡単なことではありません。
アメリカ人は日本人よりも個人のことをオープンにすることに寛容といわれています。
それでもフェイスブック本社の講義では、

「記者のプライバシーはどのように守ればいいのか?」とか、
「誹謗中傷などのコメントはどれくらいくるのか?」
とかいう質問が飛び交っていました。

会場のなかで、記者として個人名でブログをやったりフェイスブックをやったりしているのは、
半分強くらいなんじゃないかなという印象でした。

私個人のことを考えても、個人で出て行くというのは簡単なことではありません。
それでも、ソーシャルメディアが普及する限り、この流れは不可避だと思っています。

これは記者に限らず、ほとんどの業種の人に言えるのではないでしょうか。
かなり衝撃を受けた事実ではありましたが、きっとこのトレンドも変化を遂げながら定着していくと考えています。
[PR]



by katoyasuko | 2011-11-23 04:30 | 働き方

ジャーナリスト加藤靖子のブログです。ニューヨークで日経ビジネス勤務を経て、フリーに。シリコンバレーから、テック情報を書いています。メールはmail@yasukokato.com 。Photo:Takahiko Marumoto
by katoyasuko
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
テック
働き方
マーケティング
シリコンバレー
アプリ
動画
メディア
英語
スマートフォン
ソーシャルネットーワーキンング
掲載
ガジェット
タブレット端末
Eコマース
生き方
未分類

Profile

加藤靖子。1982年9月11日東京生まれ、九州育ちの29歳。
中央大学在学中から、マガジンハウスの編集部アルバイトに明け暮れる。卒業後米Pace大学に留学。在学中にジャーナリストのアシスタントをしながら、フリーで原稿を書き始める。
卒業後、2007年末から日経BP社ニューヨーク支局勤務。ビジネス・経済誌「日経ビジネス」編集部で、大統領選挙、金融危機、自動車産業の低迷などをレポートし、刺激的な日々を送る。
2011年からサンフランシスコ郊外、シリコンバレーに引越し。フリーになり、「日経ビジネス」「日経デジタルマーケティング」などに記事を寄稿。
最近はすっかりテック系ニュースに目覚め、シリコンバレーでテック系イベントに出席したり、インタビューを行ったりしている。
最近のインタビューは、シェリル・サンドバーグ(Facebook COO)、ナビーン・セバデュライ(Foursquare共同創業者)、ガ・ワン(Smule共同創業者)など。

好きなことは料理、体を動かすこと、友達としゃべること、ファーマーズマーケットに行くこと。
仕事とプライベートをあまり区別せず、楽しく仕事をしています。

Yasuko Kato's About Me page

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧